MENU

白内障の手術について

白内障

白内障は不治の病ではありません。
早期発見・早期治療により、治すことができます。
治療は主に手術療法になり、その方法は「単焦点眼内レンズ」と「多焦点眼内レンズ」という2タイプ。

 

まず、単焦点眼内レンズいついては、遠近と両立させられないレンズのことで、老眼が進んでいる場合は遠視または近視のどちらかに合わせて行います。
メリットとしては、保険適用になるため費用が抑えられます。
自己負担で約3万円〜5万円が目安となっています。また、地域によっては補助金制度もありますので、詳しくは確認してみてください。

 

一方の多焦点眼内レンズは、遠近も中距離のものも見えるようになる特別なレンズを利用した手術法です。そこがメリットですが、単焦点眼内レンズと違い手術費は自己負担になります。
保険が適用されないため、片目で30〜40万円ほどかかります。

 

手術にかかる時間については、日帰りまたは1泊2日の入院で手術が受けられます。
詳しくは眼科の専門医と話し合ってみてください。

 

有効成分配合!おすすめのサプリランキング